ぽとりとおちた

 

しずくあつまり

 

こころうるおす

こころのいずみ

 

あつまるとりが

 

ひとくちのむと

​ともしびとなり

 

こころをてらす

 

甲斐駒ヶ岳のふもとにて。

命のはざまに絡み合うもの、

心のおくに秘められたものを照らし出す、

灯のしずくをぽとり。

「灯鳥の島」は自然やくらしのさまざまを染めて

写真、衣、食、ことばにしています。

北杜市白州町の農村にオフィスを構えています。

そして白州のとなり、武川町にて私たちの住まいと新たなオフィスと店舗を手作りで作っています。

自分たちで手を動かしていると、どこまでもそうしたくなる。

さてはて、いつできるのか、どんなものができるのか。

自らあきれつつ、楽しみでもあります。

自然石に縁どられた美しい水路。

いくつも連なるおおきな岩。

かつて畑として人の暮らしを支えた名残の石垣。

人が去った後に再生した雑木林、笹やぶ、下草。

角、足跡、ふんなどの野生動物の気配と時になきがらも。

それらを包み込む穏やかな起伏ある土地を歩くとちいさな冒険心が生まれます。

私たちに、ここに礎を築くよう促したそのような姿を生かしつつ、

人が健やかに暮らすことを考えつつ。

歩み

ご登録の際にご確認ください。

1 内容に間違えはありませんか?

​2 PCからのメールが受信される設定になっていますか?

 

登録完了メールが届かない場合は、上記を確認し、再登録をお願いいたします。

​できるだけ携帯電話の各社キャリアメールではなくPCのアドレスやgmailなどのアドレスをご登録ください。