​写真仲間時代

 

(日登)津島優子

昭和48年 

青森県八戸市に日登家の末っ子として生まれる。

(八の年に八の町)

 

仙台の大学で写真部に入部。

​隆雄の記憶では金髪短髪のもんちっち。

講義室より部室と暗室にいる時間の方が長かった。

時々仙台のA社で撮影や編集のアルバイト。

隆雄が上京したあとがまとしてA社で仕事を引き継ぐ。​

写真の世界にどっぷりはまったものの、

ワイナリーで働きたいと思いつき山梨県勝沼町に移住。

お客様コーナー、ショップの仕入れ等担当。

​日本ソムリエ協会ワインアドバイザー資格取得。

自然食の世界に興味を持ち、

飲食店と小売店を開いて閉じて、

と県内で流転の18年を過ごす。

暮らしのマーケットこぴの庭の立ち上げに参加、

フリーペーパーで料理・写真・文を連載、

料亭のワインカウンター立ち上げに参加、

洋食店リニューアルでメニューとベジレシピ作成、

他店パンフレット・HP写真撮影など

​濃密な期間。

ただ山に住んでいるだけの

ワーカホリックから脱する事を決め

山に住んでいるからこその暮らしと仕事に転換中。

2019年に商人をやめて

いよいよ純粋に創作活動に専念する決意。

甲府市 organic cafe l'isle元店主

白州べるが 森のカフェレストラン灯鳥元店主

リゾナーレ八ケ岳 灯鳥 organic bazaar 元店主

Web shop 灯鳥 organic bazaar店主

津島隆雄

 

昭和46年

青森県六戸町に津島家の子4人中3番目に生まれる。

​(六の年に六の町)

盛岡の大学で写真部に入部。

​優子の記憶では祖父のコートを着たさだまさし。

真面目に勉強して教員免許取得。

それでも写真の世界にどっぷりはまって以来、

人生の半分以上をカメラとともに過ごす。

大学卒業後、

仙台のA社で職業カメラマンの一歩をふみだす。

A社を退社。東京のスタジオで経験を積む。

20代の終わりにフリーに。

 

「なんでも撮る」職人時代を過ごす。

​画像処理ワーク、カメラのレビューなどプロ向けの

​著述も行う。

近年、原点である自然写真の撮影を再開。

2016年に東京の拠点を撤収し、北杜市に。

今度は自然暮らしにどっぷりはまっている。

日本山岳写真協会(JAPA)会員

山梨県自然監視員

・セントラルフォトコンテスト2015 グランプリ「山羊の肖像」

・セントラルフォトコンテスト2016 ジェットグラフ賞「黄昏」

・環境フォトコンテスト2016 大日本印刷賞 佳作「星空と稲妻」

・日本山岳写真協会 2017一般公募 準特選「冬の甲斐駒ケ岳」

・第34回「日本の自然」写真コンテスト 山梨県一賞「霊樹」

 

・「Adobe Creative Cloud ではじめる、一歩進んだクリエイティブワーク」(共著) 出版社:ボーンデジタル/2013年

・「デジカメお得技ベストセレクション」(執筆) 出版社:晋遊社/2014年

・「東京モノ作りスペース巡り」(撮影) 出版社:ボーンデジタル/2015年

・ procmeraman.jp カメラとソフトウェア新機種レビュー記事執筆

会ってない

20年

2015年春

再会

ぴったり1年後結婚

灯鳥の島を

始める

近くなのに

​出会う前

40歳を過ぎて見て、人生は本当に面白いと実感します。生まれる場所、選ぶ仕事、悩むこと、うまくいかない時期があるのも、後になってみると「ああここに繋がっていたのか」と納得できることがあります。少しずつでもこれからのイメージに近づくための行動をした時に、不意に物事が動きますね。これから先も。